ブログ
2016/12/07

フォークリフト入荷いたしました。

7FB15  高年式バッテリーフォークリフト

2011年式となっており、程度良好です。

是非ご検討ください。

 

20161207_123404

2016/12/03

トヨタフォークリフト

8FD25  ディーゼルエンジン車

ヒンジオプション装備

納車いたしました。

ブログ

 

新車フォークリフト

どこからみても光っております。

当社を選んでいただき、ありがとうございました。

2016/11/29

中古フォークリフトご契約ありがとうございます。

コマツ FG15-15   便利装置サイドシフト付き

遠方、鹿児島より来店いただきご契約いただきました。

納車整備前にしっかり整備してお渡しいたしますね。

しばらくお待ちください。

 

20161114_092539

 

 

2016/11/19

こんにちは!!

とんでもビックリ整備をご紹介いたします。

悪い事例です。

 

20161028_142835

 

ドラムブレーキの内部です。

なにか溶接された後が見てとれます。

ハブボルトがこの部分にはありナットで固定されます。

このナットは良く緩みます。

緩んでねじ山が痛んでいるのもよく見ます。

今回はビックリ!!痛んだナットを無理やり溶接・・・・。

右側のナットに関しては脱落、ブレーキドラム内に落ちていました。

かなり危険な状態。

ナットを新品に取替ればよいのに・・・。

 

 

20161028_142901

 

 

こちらは正常な物

 

 しっかり修理、整備をすれば機械は長持ち。

いい加減な整備は、重大事故につながり高額な修理につながります。

 

 

 

 

 

2016/11/19

中古フォークリフトアップいたしました。

コマツ FG15-15  FD20-10

お米の運搬でレンタルしていただいた車両が続々と返却されていますので、順次アップいたします。

 

20161114_100051

20161114_092539

 

 

2016/11/10

中古フォークリフトご契約ありがとうございます。

エアボスタイヤ付きフォークリフトでした。

関西方面のお客様でした。

ご使用されるのは熊本県 八代市とのこと

納車準備完了しております。

明日お持ちいたしますね。

今回お取引ありがとうございました。

 

20160522_124306

2016/10/24

フォークリフト高価買取いたしました。

トヨタ 4FG10  ガソリンエンジン

年期が入っております。

古くても大丈夫!!

一度査定させてください。

 

20161024_143156

 

今回はパワステ装備付きでしたのでお値段つきました。

4FG10

パワステなしのモデルもあるらしい・・・。

ベテランの営業マン曰く

なんとこの年代のフォークリフトは、パワステがオプションだった。

衝撃的です。

 

2016/09/06

TCM 1.5t  ディーゼルエンジン ご契約ありがとうございます。

大変めずらしい1.5tディーゼルエンジン車でした。

熊本県からのお客様でした。

20160704_082655

2016/08/22

中古フォークリフト買取いたしました。

大変古いフォークリフトです。製造年は確か1980年代  トヨタ 3FD25

 

20160820_154626

 

エンジン、油圧ともに調子がよく高価買取いたしました。

いや~古い機械は頑丈だ!!

 

 

2016/08/03

夏本番です!!

異常とも思われる天候が続きます。

正直暑くて仕事の効率も落ちてしまいますね~。

 

フォークリフトといえば油圧でフォークを上げ下げして荷役作業を行います。

今回は油圧ポンプの修理ご紹介です。

この時期はフォークリフトの油温は、かなりの高温になります。

油圧オイルのタンクを素手で触ることはできないくらい熱くなります。

油圧のシール、パッキン類は高温にも対応できるように設計してありますが、限度を超えてしまうとトラブルとなってしまうようです。

 

今回は油圧ポンプ内部のシールが破損してしまいました。

 

20160711_133512

 

早速油圧ポンプを分解しておりますが、異常がわかりますでしょうか?

中央付近の黒いシールが割れております。

油圧のオイルがこの破損したシール部から、エンジンオイル側に吹き抜けました。

 

ポンプ内部のシールが破損すると様々な症状がでます。

今回はエンジンから白煙が発生し、煙で前が見えなくなるほどでした。

エンジンが壊れた!!っとご一報をお客様がら受け現場に急行。

よくよく観察しますとエンジンオイル量が満タンです。

20L以上オイルが入っています。

規定量は8L

なぜ?と少し悩みましたが。

現場状況からすれば、オイルが増えることは考えずらく・・・。

お客様自身がオイルを継ぎ足されることはないので。

油圧ポンプがエンジンと直結されているタイプでしたので、その場で油圧ポンプ不良と推定いたしました。

自社の修理工場に持ち帰り

分解チェックして間違いではない事を確認。

ギアポンプの摩耗具合をチェックしシールを部品屋さんに発注しました。

 

今回はシール交換で復帰いたしました。

低価格にて修理できましたので何よりです。

 

 

 

 

 

アーカイブ
ページトップ